スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくは勉強が出来ない

「ぼくは勉強が出来ない」っていう
すばらしい小説があったと思います。
確か山田詠美さんじゃなかった?
間違っていたらごめんなさい。
 
でも、そういう認識って大切です。
でも、だからそこから逃げていいわけじゃないですよね。
できないからこそ、チャレンジしないといけないわけです。
こういうの、よくあります。
僕にはそれは難しいから、簡単なのからしよう!
もちろん、基本が出来ていない生徒はそうしないといけません。
でも、ずっとそれでもいけませんし、
実際に五木のテストなんか難しいわけですから
できないからやりませんっていったって
高校入試は待ってはくれませんし、
甘く見てもくれないわけです。
やらなきゃいけない。
 
昨日、高2生に、高3で何を選択するか相談されたんですけど
その中で「○○は自分でやるから」と言っていました。
その教科、赤点だったのに…
できているなら苦労しません。
「ひとりではできない」ということを
認識したほうがいいわけです。
 
塾でもよくあります。
最初僕が若かったころは、費用を抑えるために
「社会は自習で」とか言っていました。
大間違いです。
できてるなら、塾に来ない(笑う)。
 
だから、本来は
今までできていない教科を全部自習にする
なんてもってのほかなんです。
逆に授業だけではだめで
訓練という自習時間は絶対必要ですが。
片方だけだと、
塾としての責任がそれでは果たせない。
 
「授業終わってから質問するから」といっても
難しい問題で説明に30分かかるとしたら、
授業時間以外の対応でできるわけがありません。
だいたいそのために授業を組んでいるのですから…。
だから勉強習慣のついていない生徒に対しては
最初は「自分で自習できるようにするための授業」が
必要になってくるわけです。
 
そんなこんなで、僕は、授業をすすめるわけです。
お月謝でごはんを食べさせてもらっています。
奇麗事を言うつもりはありません。
だけど、自習はやっぱり自習で、
ある一定範囲の訓練の時間のためには絶対必要ですが
それだけでは僕は行き届かないと思います。
塾のパフォーマンスを最大限に発揮したいんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハチ公

Author:ハチ公
進学塾twobe<ツービー>
 
堺市北区新金岡町5-3-223
072-205-9022
 
笑顔と感動。時には涙を乗り越えて。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
生徒募集中
進学塾twobeでは、新学期に向けて、生徒募集中。 進学塾twobe(ツービー)では、スモールステップで大きな目標を目指すふたつのbeで、子どもたちの未来を応援中です!頑張る生徒、頑張るように自分を奮い立たせたい生徒、いま動こう!小学生は、6年生の英語もあります。しっかり見ますが、費用は安くを心がけています。中学生は、復習と予習で実力テストも定期テストもバッチリ対策。高校生は大学入試に向けて日々の努力を重ねます!笑いと感動の絶えない塾です。
最新記事
FC2カウンター
進学塾twobe授業風景

【広告】
Twitter
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。